「仕事に目的を持つこと」&「チャレンジすること」

【新入社員向け】スグに役立つ仕事のマインドセット⑧

仕事がつまらない〜

わかります。そうですよね。仕事の前日は憂鬱にもなります。

けどコレにはちょっとしたコツがあるんです。

仕事をする上での「目標」があると「絶対」に楽しくなります。

  • 個人売り上げトップ
  • 地域ナンバーワンの店舗
  • 離職率0%を達成

なんでもいいですが「目標」がないと基本的に人は頑張れません。

 

『目標』があるから『頑張れる』

想像してみて下さい

ゴールが不明のマラソンを走れますか?

  • あと何キロか分からない
  • 何時間かかるか分からない
  • 数十分で終わるかもしれないし何時間もかかるかもしれない

コレでは、そもそもペース配分もできませんし、例えゴールできたとしても「達成感」があるはずありません。

せいぜいあったとしても「やっと終わった」と思うぐらいのもんです。

つまり「目標」があるからこそ「得るもの」があるのです。

仮に「目標未達成」だとしても「得るもの」があります。

 

未達は「マイナス」そんな間違った認識を捨て去る。

それは

  • 経験
  • 知見
  • 知識

などです。

つまり「失敗」「マイナス」ではないんですよね。

そこには「積み上がっているもの」があるわけです。

しかしながら「失敗」は『マイナスしかない』というマインドが日本では多いのではないでしょうか?

コレは国民性なのか教育の賜物なのかは分かりませんが、いずれにしても

間違った考え方です。

自転車を乗る練習でいきなり乗れた人はほぼゼロの筈です。

「転びそうになりながら」また時には「転んで、立ち上がって」そして繰り返して乗れるようになりましたよね?

 

失敗が怖いならリスクヘッジの方法を考えておく。

とはいえ「失敗」は怖いですよね。

当たり前です。誰もが同じです。

ただ最後は自転車と同じで「成功」に持って行きますよね。ずっと「乗れなくていい」と思いながら自転車の練習をする人はいません。

怖さを克服するのならやる事は一つです。それは……

致命的な「失敗」を避けるという事です。致命的とは「再起不能」の事です。コレを「リスクヘッジ」と言います。

これも自転車と一緒です。

  • ヘルメットなど防具をつける=頭を打ったり怪我を防ぐ=失敗した時も想定してダメージを減らすリカバリー策を用意する
  • 補助輪で練習する=乗れるイメージをつける=できる様に練習する。研修、勉強、読書、OJT、ロープレetc…
  • 親にサポートしてもらう人の力を借りる=既にできる人やコツを知っている人に教えてもらう。先輩、同僚、コンサルetc…

などです。

怖い「失敗」が頭をよぎるなら、それを「取り除く」または「軽減」する方法を考えましょう。

では今回の記事はここまで✋

副業販売員プロジェクト

成田FCメンバーの職は「法人営業」「物販」「ジム経営」etc…と様々です。

この副業販売員プロジェクトの本質は…『販売員』をすることで「セールススキル」を鍛え『本業に活かす』という事です。

日に何件も「セールスする機会」は「販売員特有のもの」です。その「回数」で一気に力をつけよう!が本質です。

その骨子は「クロージングを不要にセールス」です。商品を売り込まずお客様から「それ下さい!」と言って頂けるセールスの事です。

「え?どういうこと??」と思われた方、気になる方はコチラをお読みになって成田FCに加入してみてください。販売、セールス、営業が苦手、と言う方へ一つの回答があるかと思います。

>【先着500名様特別プレゼント!】絶対繁盛マガジン

【先着500名様特別プレゼント!】絶対繁盛マガジン

現役トップ販売員の店舗運営ノウハウが詰まったメールマガジン
・人材育成がうまくいかずに店舗運営が強化されない
・採用してもすぐに離職されてしまい人材難
・リピート率が低くて新規集客コストが高い
・売上が落ちていてどうしたらいいかわからない

など、店舗ビジネスで欠かせない
売上・利益/CS・顧客満足/ES・従業員満足/集客/販促/マネジメント
すべてを体系的に学べる日本屈指のメールマガジン創刊!

CTR IMG