ビジネスでも基本は守破離というお話。

【新入社員向け】スグに役立つ仕事のマインドセット④

顧客対応が難しいなぁ〜。。。

そういう気持ちになりますよね。まぁこれは実際のところ何年経っても「難しい」というものです。

100人いれば100人違う人格を持っているので当然です。

しかしちょっとしたコツで1ランク2ランク接客のレベルを上げる事もできます。

その方法を今回はご紹介いたします。「簡単に実践が可能」なのでぜひ取り入れてみて下さい。

少しの工夫で顧客対応が大きく変わってきます。

ウサギとカメの話は実在する。

ちなみに

過去の蓄積をおざなりにして全て自己流で行う人もいます。この場合「センスのある人」はそれで良いと思います。

それは自分の感覚で最適解を早期に見つけ出す事が出来るからです。

しかし「センスのない人」はダメです。最適解を見つけるのに遠回りになるからです。すると「大きな差」が生まれてしまいます。

しかし「センスがない人」の方がセンスある人に比べ「後に結果を作る」という現象があります

何故ならば、ある程度までは感覚で出来てしまうセンスのある人は途中で力を抜きがちです。それは満足してしまうからです。これを慢心と言います。

一方、いつまでも満足せず物事に愚直に取り組む人が先の将来「結果」でセンスある人を追い抜くのはその為です。

まるでウサギとカメの様な話です。

そして最終的にカメは周りから「センスのある人」と評価されます。

 

基本を馬鹿にすると基本に泣くお話。

では「カメ」がとる戦略は基本的には何か?

それは【型】を身につける事です。別名でテクニックやスキルとも呼ばれるます。

どんな世界にも【理論】があります。言い換えればコレは【人類が過去から積み上げてきたもの】です。コレを「土台」として身につける事でカメはウサギを越えます。

どんな世界でも勉強模倣が重要とされている理由はここです。

ちなみに【型】を習得せずに自己流で行う事を【形無し】と言います。

それでもゼロから結果を作る人もいますが、これは本当の意味での天才です。数える程しか存在しません。よって自身が天才ではないのであれば基本戦略は【型の習得】です。

型を習得するとある程度の「違い」が出てきます。これを「個性」と言います。

自己流はこのフェーズからが王道です。武道の世界ではこれを【守破離】と言います。

過去からの学びを馬鹿にしてはいけません。

ITが数十年で大きな躍進を遂げた理由も基本は同じです。だから車輪の再開発は御法度なのです。

 

先人の知恵を借りる。

では本題に戻りましょう。

顧客対応が難しいなぁ〜

それであれば何が具体的に難しいのか考えた上で(方法は前回の記事をご参照ください)まずはそのカテゴリーに属する「書籍」「YouTube」「ウェブ検索」なんでもいいので学んでみて下さい。絶対に何かのヒントが見つかります。

ちなみにオススメは古くから「良書」とされている書籍です。

古くから現代まで支持されているはそれだけの理由があるからです

しかし現代に向けのモノも必要ですよね。接客、販売、店長、店舗ビジネス全般であればコチラをどうぞ笑

手前味噌ですが「現代の良書」です。

では今回の記事はここまで✋

副業販売員プロジェクト

成田FCメンバーの職は「法人営業」「物販」「ジム経営」etc…と様々です。

この副業販売員プロジェクトの本質は…『販売員』をすることで「セールススキル」を鍛え『本業に活かす』という事です。

日に何件も「セールスする機会」は「販売員特有のもの」です。その「回数」で一気に力をつけよう!が本質です。

その骨子は「クロージングを不要にセールス」です。商品を売り込まずお客様から「それ下さい!」と言って頂けるセールスの事です。

「え?どういうこと??」と思われた方、気になる方はコチラをお読みになって成田FCに加入してみてください。販売、セールス、営業が苦手、と言う方へ一つの回答があるかと思います。

>【先着500名様特別プレゼント!】絶対繁盛マガジン

【先着500名様特別プレゼント!】絶対繁盛マガジン

現役トップ販売員の店舗運営ノウハウが詰まったメールマガジン
・人材育成がうまくいかずに店舗運営が強化されない
・採用してもすぐに離職されてしまい人材難
・リピート率が低くて新規集客コストが高い
・売上が落ちていてどうしたらいいかわからない

など、店舗ビジネスで欠かせない
売上・利益/CS・顧客満足/ES・従業員満足/集客/販促/マネジメント
すべてを体系的に学べる日本屈指のメールマガジン創刊!

CTR IMG